性病は病院に行かなくても治せる

治療薬性病というのは基本的には病院に行かなければ治す事ができないものですが、どうしても病院に行くことが出来ないという場合には手がないわけではありません。まず毛じらみのような病気の場合には市販の治療薬を使って治すことができるのでこのように例外的に病院に行かずに治療をすることができるものに関しては、病院に行く必要はありませんが、病院に行かなければ治療薬を手にすることが出来ないタイプの性病にかかってしまった場合、個人輸入で治療薬を手に入れることによって病院に行かずに治すことができます。

性病の治療薬というのは国内での流通が制限されているので、その結果として病院に行かなければ治すことができないということになるのですが、治療薬を手に入れることができれば病院に行かずに治すことができます。そして、個人輸入に関しては厳しい規制がないので感染している病気とその治療薬がわかれば病院に行かずとも、治療をすることができるのです。

ただし、これはリスクがある方法だということを理解しておく必要があり、素人判断で勝手に病気を決めつけてしまって全く関係のない治療薬を使っても効果が出ないばかりか、副作用によって健康被害がでてしまう可能性があるということを覚えて置かなければなりません。
もうひとつ忘れてはならないことが、海外からの輸入となると届いた薬が本物であるかどうかというのは確かめるすべがないので、治療薬としての選択は間違っていなくても届いた薬自体の信用に問題があるということもあるということです。

治療薬を個人輸入する場合には、このようなリスクもあるということをよく理解して自己責任の上で試してみる用にしましょう。

一度かかると二度と治らない性病

かつて不治の病と恐れられていた病気も医学の発達した現代では完治するようになりました。ここでは、不治の性病といわれた梅毒HIV感染症について簡単に説明します。

不治の性病と恐れられたもののひとつが梅毒です。梅毒は症状の進行具合によって4段階に分類されますが、現代の医学では少なくとも感染から2段階目のステージまでは完治します。かつては治療方法が無くただ死を待つだけでしたが、抗生物質の登場などにより治療が可能になりました。しかし、ステージが3や4まで進むと症状は深刻で命に関わってくるので、ここまで進行してしまうと治療は難しいとされています。

エイズ検査次にHIV感染症についてですが、現在の医療技術ではHIV感染症に感染すると完治することはできないのですが、ウイルスの増殖を抑え、免疫力の低下を出来るだけ遅らせることはできるようになりました。
そのため、HIVに感染しても後天性免疫不全症候群(エイズ)に至ることはかつてに比べて減りました。しかし、体から完全にHIVウイルスを排除できた例はほとんど皆無です。理由がよく分からない例が数例あるだけです。

このように性病は侮ると大変な目にあいます。男性も女性も感染のリスクを抱えています。そして女性の場合、妊娠すれば子供にも母子感染をさせてしまう危険性もあるためにより性病について敏感になる必要があります。場合によっては重い障害をもたらすこともあるので、妊娠を望むのであれば性病にも注意を払わなければなりません。

医学が進んだ今でも感染すると不治の病となってしまう性病はあります。そして、耐性菌の登場によりこれまで容易に治療できた病気が不治の病になる危険性も生じました。

性病の1つ、クラミジアとその薬について

口内炎が痛む女性クラミジアは日本で最も多い性感染症(STD)です。性行為で感染してしまうケースがほとんどの病気であり、性行為をする際にコンドームなどを装着することによって予防することができる病気になっています。性器をなめてしまったりした場合には口などから感染することがあり、口内炎などの口の中に傷口がある場合には、その傷口から感染症を発症してしまう場合があります。
口の中にクラミジアの細菌がいる状態でキスをしてしまうと、キスによって感染を生じてしまう場合もあり、風俗などに行って感染をするケースが多くなっているため、風俗に行く場合にはリスクをしっかりと考える必要があります。

このようなクラミジアは薬で治療を行うことが可能です。ほとんどの薬は、1日一回だけ飲み続けることで、治療を完了していくことができるため、比較的簡単に治療を完了させることができます。薬を飲んでいる期間に注意することはアルコールを摂取しすぎることです。アルコールの過剰摂取によって薬が効きにくい状態になってしまうため、注意が必要になっています。
男性と女性によって薬に違いが出るため、医師による診断などをしっかりしてもらってから薬の処方をしてもらうことが重要になっています。

クラミジアは、感染者も多くとても強力な病気の一つになっています。菌を持っている人と性的な接触をすると50%もの感染を起こしてしまうため、病気に心当たりがある人は検査をしっかりと受けることが重要になっています。検査は自治体によっては補助金を出してもらうことが可能であり、場所によっては無料で治療をすることが可能であるため、検査を行いやすくなっています。治療も行いやすいため、悪化してエイズなどにならないように注意が必要です。

また、カンジダは特に女性への発症率が高い病気として知られています。主な感染経路は体内環境の変化によるもので、ストレスなどによる免疫力の低下、ホルモンバランスの乱れなどが原因です。カンジダは性行為を介して感染するケースは殆ど無く、大体は前述した通りの原因です。カンジダは性器に痒みや痛みが現れたり、おりものの色が白く変化したりなど症状に特徴があります。もしそのような症状が現れた際はすぐに病院へ行き、薬を処方してもらいましょう。