性病と風俗の関係

かつて子孫を残す行為は動物は命がけでメスを争い遺伝子を残そうとします。人間もよい女性を探し子孫を残そうと勉強したり良い会社に入ったりと必死になりますが、風俗での行為も命がけとなります。
風俗は子孫を残そうとする行為という意味合いより、快楽を求めて行くものです。現在の風俗、セックス産業は多様となっており、ソープランドを筆頭にファッションヘルスやピンクサロンなどがあります。その中でも性病予防策、つまりコンドームを使うか使わないかは本当に命取りになることもあります。

ここで命取りと言っているのは妊娠させてしまうかではなく、性病に感染するということです。特にエイズは粘膜の接触で感染の危険があり、不治の病と言われており感染してしまうと非常に危険な性病の1つです。オーラルセックス、口や舌で女性器や男性器を舐める行為も大変危険です。虫歯で痛む女性お口の中にキズや口内炎、虫歯などがあれば感染の可能性はとても大きくなります。

梅毒、淋病、クラミジア、これらも感染につい風俗は媒体となっています。また薬で治るという甘い気持ちも将来を危うくします。妊娠できなくなる可能性もあるので性病を甘く見てはいけません。現在の世の中は性病に対して、抗生物質があるので比較的、治癒するものがありますが抗生物質がない時代の性病は今よりさらに恐ろしいものでした。脳に梅毒が回りただれてしまったりし半身不随で苦しむ人などいました。
かつては売春を戒めるために性病の恐ろしさが語られていました。現在の風俗も性病の温床となり危ないものです。風俗をどうしても利用しなければならない時は、行為の最初から最後まで一貫してコンドームを付けましょう。コンドームを付けても性病にかかることはありますが、リスクを抑えることができます。