性病はオーラルセックスでもうつる?

知らずに性病に感染したカップル性病は、現代においても猛威をふるっています。こわいのは、自分が知らないうちにかかっていて、放置することで、一層悪化させてしまうという点です。
自分の症状が激化するだけにとどまらず、パートナーにも被害を及ぼすところが、性病の恐ろしい点なのです。性病感染に関してが、多くの人が生殖器の接触による性行為をしない限りは感染しないと考えていることです。

クラミジアや淋菌などは、オーラルセックスでも感染するため、性風俗の店で女性が男性客にフェラチオ行為を行うことで淋菌やクラミジアが感染する例がよく見られます。性行為を職業とする女性の咽頭に、この2つの病原体がすみついてることがあります。
なお、菌を持っていても性病の症状があらわれておらず、男性客にフェラチオを行い知らないうちに感染させていくのです。
さらにかなり激烈なフェラチオを行うと、女性の歯が男性のペニスに接触して傷を付け、時によっては梅毒やB型肝炎、C型肝炎、HIVに感染する恐れがなくもありません。これらの菌はイソジンのような消毒液を使ってうがいしても性病発症を防ぐ効果は全くありません。

また、コンドームをつけて性行為をして性病に感染した事例も少なくありません。B型肝炎ウィルスは、感染力が強くて、ディープキスでもうつることがあります。性病で気を付けなければならないのは、特定のパートナーが存在している場合、自分に症状が出てくるまでに、すでにそのパートナーに感染させてしまっている危険性があります。
あるいは、そのパートナーからうつされたのかもしれません。自分が性病に罹患したことが判明したら、必ず、パートナーも治療を受けることを忘れてはなりません。